エリタージュ / ERITHAJ

フランス ストラスブール

2017年にオープンした新しいブランドです。農家と連携しカカオの発酵から乾燥まで行う「Bean to Bar」。

CEOのアーノードスタンジェル氏が、父親がフランス人・母親がベトナム人と両国にルーツを持っているとのことから、ベトナムに契約農園、さらにベンチェ州に専用の発酵施設を持ち、ベトナム産カカオのみでチョコレートを自社で製造しています。
タブレットのラインナップはベトナムの地域別でダークチョコレートが4種類、ハイカカオミルクチョコレートが2種類。ベトナムのカカオのみにスポットを当てているブランド、とても特徴がありますね。

カカオニブの販売だけではなく乾燥カカオポッドも販売しているとのこと。

ほかにもベトナムの障害児たちの職業訓練学校内にカカオ発酵施設を開設したり、チョコレート作りに携わる人々の待遇改善に力を注いでいるようです。